若ハゲは危険?!早めの対策でフサフサ人生を…

ジェネリック医薬品もある!?

ジェネリック医薬品とは?

医薬品には色々な種類があります。

まず、風邪薬や頭痛薬など薬局で購入できる一般用医薬品。次に病院やクリニックなど医師の処方箋が必要な医療用医薬品があります。

この医療用医薬品には新薬と呼ばれる先発医薬品とジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品とに別れます。

この2つは新しいお薬の開発によって別れます。日本で多く流通されているのは新薬(先発医薬品)です。

新薬は名前のとおり、開発メーカーが新しく開発し発売されたお薬です。

新しいお薬の開発には10年以上の開発期間がかかるため、開発費用も数百億と莫大な費用がかかります。

これだけの費用が掛かるため、開発後の販売は特許として守られ、20年近くの独占販売することができます。

ジェネリック医薬品はこの新薬の特許が切れたあとに、他の薬品会社が同じ成分で製造・販売されるお薬となります。

すでに開発されたお薬をもとに製造・販売されるため、開発費が安くすむためお薬自体も安く販売されるため患者さんの医療負担だけではなく、国全体の医療費削減にも大きく役立つお薬となります。

プロペシアのジェネリック医薬品とは

プロペシアにもジェネリック医薬品がございます。

日本でのプロペシアの特許は平成31年までと言われておりましたが、ファイザー社が平成27年に製造販売を承認され販売が開始されました。

その後、沢井製薬やクラシエ社など販売が続きました。

また、日本国内だけでなく、世界各国でもプロペシアのジェネリックが販売されています。

特にジェネリック医薬品大国であるインドでは、多数のプロペシアジェネリック医薬品が存在し販売されております。

各メーカーのプロペシアジェネリック医薬品

フィナステリド錠1mg「ファイザー」

製品名:フィナステリド錠1mg「ファイザー」

メーカー:ファイザー社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:丸く薄い赤色

フィナステリド1mg「サワイ」

製品名:フィナステリド1mg「サワイ」

メーカー:沢井製薬

有効成分:フナステリド1mg

特徴:丸く薄い赤色

フィンペシア

製品名:フィンペシア

メーカー:シプラ社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:インド第2位の製薬会社の人気のジェネリックです。

フィナロ

製品名:フィナロ

メーカー:インタス社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:アストラゼネカ社と契約するインドの製薬会社で製造されています。

↑ PAGE TOP