若ハゲは危険?!早めの対策でフサフサ人生を…

人生を髪の毛と共に生きるために

早めの対策をするために

はじめまして

はじめまして。今回このサイトを作るにあたって少しでも若はげの知識を髪の毛とともにみなさんに増やしてもらい、早めの若はげ対策をしてもらいたいと思い作成しました。

私は10代の頃から髪の毛が細く、卒業文集にも若はげと書かれるほどでした。

20代になり異性に意識をし始めて、薄い髪の毛を染めたりパーマをすることでさらに悪化。

もてたいと思えば思うほど髪の毛は薄くなり、女性も近寄ってこなくなりました。

現在、私は30代の後半となり、まだまだ外見を気にしたい年齢ですが、あと10年もすれば若い異性なんて誰も相手にしてくれないと思います。

もし、若い頃、髪への意識を脱色ではなく増毛に向けていれば、残りの10年も今とは違うように思えたと思います。

髪の毛は一日で生えることはありません。長い期間1年~5年を地道にしっかりと意識を向け対策することが必要です。

将来を明るく灯すためにも、若い時からしっかりとこのサイトを見て対策をしていきましょう。

女性はハゲが嫌い!?

女性はハゲが嫌いなのか?実際のところほとんどの女性は嫌いだと思います。

その理由をいくつか考えてみました。

①本能:女性は本能で男性を選ぶ傾向があります。

それは女性が子供を産むことができるからです。

子供=子孫を残すためにはより優秀な子孫を残そうとします。

そのため子供が成長する上で困ることとなる可能性は排除しようとします。

きっと自分の子供もハゲたらと思っていることでしょう。

②不潔(不快)に感じる:男性でも女性でも相手が不潔なのは嫌いだと思います。

特に女性は男性よりもシビアにみます。

年齢に相応しくない格好や仕草、つまりハゲ=年配と考え、若はげ=不快とみる女性は多いようです。

③見た目:女性は自分の髪をとても気にします。

シャンプーなどのCMが女性向けに作られているのが多いのでもわかります。

若はげ=ケアしていないと捉えられてしまいます。

AGAとは

みなさんAGAって知っていますか?最近CMでも「お医者さんに相談だ♪」とやっていたりして耳にする言葉になりつつあります。

AGAとは「男性型脱毛症」の意味で成人男性にみられる髪が薄くなる状態のことです。

こめかみあたりからのM字ハゲや頭頂部から薄くなり男性ホルモンが影響と考えられています。

AGAの患者さんは全国で1200万人以上おり、成人男性の3人に1人となっています。

そのうち、治療やケアをしている方は600万人と約半数でまだまだ何もしていない人が多くいます。

AGAは何もしないと進行するものです。

またケアしても短期間で結果が出るものでもないため、早目の長期ケアが必要になります。

AGA(男性型脱毛症)の進行を防ぐには通販で人気のAGA治療薬やジェネリック医薬品などが効果的です。個人輸入代行サービスでも人気の商品ですので、ぜひお試しください♪

↑ PAGE TOP