男性ホルモンの影響

若はげだけに限らず、一般的な男性の脱毛の原因として挙げられるのが男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンのほとんどはテストステロンという成分でできています。

このテストステロンは・筋肉を作る・体毛を濃くする・性欲を高めるなど男性としてのからだのつくりに大きく関わってきます。

しかしこのテストステロン、脱毛にも影響しているのです。

しかし直接影響を与えるのではなく、別のホルモンに変化することで影響します。

それは5-aリダクターゼと呼ばれる酵素とくっつくことでジビドロテストステロンというホルモンに変化します。

このジヒドロテストステロンが皮脂を大量に分泌することで髪の毛の成長サイクルを狂わせてしまいます。

狂った髪の毛は成長せず細い髪の毛となり抜けてしまう。これが脱毛の原因となります。

体毛が濃い人や筋肉隆々の人がはげているとよく聞きますが、これはテストステロンを多く持っているため、その一部がジビドロテストステロンと結びつきやすくなったからだと考えられます。

間違ったヘアケアや食生活の影響

ヘアケアでの行いも若はげの原因となります。

乾燥肌であるのに1日に2度シャンプーを行ったり、その逆で脂質肌であるのにクリームをつけるなど自身の頭皮にあったケアをしていないことも原因となります。

また、若いときはパーマをかけたりカラーリングなども頻繁に行ったりします。

これも頭皮に刺激物を与えることになり頭皮を痛めてしまうことで脱毛の原因となります。

また食生活も若はげの原因となります。現在は欧米化も進み、肉を中心とした食生活となりました。

肉(タンパク質)自体は髪の毛に必要な栄養素となりますが、脂質は頭皮にとってよくはありません。

脂質が増えることで皮脂腺が詰まりやすくなり髪の毛の成長を抑制してしまいます。このように、毎日の生活から若はげの原因となることもありますのでしっかりとケアすることが必要です。

ストレスも注意!

ストレスも若はげの原因となります。

ストレスを受けることで体にある「交感神経」が反応し筋肉の緊張や発汗、心拍数の上昇を起こしストレスを抑えようとします。

しかし、このストレスが慢性化すると交感神経が過敏に反応してしまい、過剰な発汗や血行不良となり頭皮の環境を悪化させる要因となってしまいます。

ストレス社会の現代ですので、過度のストレスにならないように気分転換などを心がけましょう。

↑ PAGE TOP