低年齢化が進む若はげ

ここ最近、若はげに悩む方が増えてきています。

そして、年齢もどんどんと下がり低年齢化しています。

昔から遺伝での影響も考えられてきましたが、現在では遺伝だけでなく生活環境の要因も若はげの低年齢化と考えられると思います。

自分が若はげなのかどうかと悩むよりも、自分がどんな状況なのかをしっかりと認識し改善することが重要ではないでしょうか。

あなたは若はげですか?

自分が若はげかどうか・・・まずは客観的に考え自分の状況と比べてみることが一番ではないでしょうか?

・おでこが広い:他人と比べておでこが広いかどうか確認してみましょう。生え際が後退しおでこの面積が広くなることは若はげの要因のひとつです。昔の不良のように”ソリコミ”がはいったように生え際が後退するM字はげは若い人に多くとても進行が早いです。あなたは友達よりおでこが大きくなないですか?

・抜け毛が多い:季節の変わり目は抜け毛が多くなります。そして1日50~100本ほど髪の毛は抜けます。これは「自然脱毛」といわれるもので気にするほどではないですが、それ以上抜ける場合は「異常脱毛」と呼ばれる状態となり、髪の毛の成長サイクルに異常をきたしている可能性があります。あなたの抜け毛、少し多くはないですか?

・頭皮が透けている:生え際や頭頂部がうっすらと透けて頭皮が見えているのならば要注意です。髪の毛のハリ・太さ・コシ・量が友達より少ないかも・・・と思ったら対策が必要です。

若はげと思ったら?

自分が若はげだ!って思ったならまずは普段の生活を振り返り、何ができるかを確認してみましょう。

まだ大丈夫だって思っても若はげは止まらず進行します。

普段の食生活で油脂成分の多い食事を控えることやシャンプーを変えてみるなど、取り急ぎ改善できることをやってみましょう。

普段を変えることで意識が変わります。

意識を変える事ができれば髪の毛の成長サイクルもきっと正常に変わっていくはずです。

↑ PAGE TOP